コレだけ気をつければオシャレ感!ださメンズの為のオシャレ講座

コレだけ気をつければオシャレ感!ださメンズの為のオシャレ講座

最重視すべき点=清潔感!

定番コーディネートはゆるめの10年物ジーンズに3年前に買ったTシャツ、コンバースのスニーカー。手荷物は財布と携帯だけだから手ぶら、伸ばしきった髪の毛に適当にワックスを揉みこんだだけ…そんな男性をよく街中で見かけます。そんな男性は、女性の目にどう映るでしょうか?
「オシャレでカッコイイ人!」なんて思ってもらえる……わけがないです。
いくら顔が良くても、「だらしない印象」の方が強く残ってしまうのです。

人は出会って10秒で第一印象を決定づけると言われています。
そして残念なことに、その第一印象はまずは見た目で判断されてしまいます。
「オシャレである」という事は、顔が良い事よりも性格が優しいことよりも、
第一印象において、ずっと大事な事です。
オシャレの感覚は人それぞれですが、万人に好印象を与えるには、まずは「清潔感のあるオシャレ」であること。
では、清潔感のあるオシャレとはどんなものでしょうか?

一番大事!サイズは身体に合ったものを着ているか?

サイズ感はメンズファッションにおいて、もっとも大事な事の一つです。
大概、服自体は悪くないんだけど何かバランスがおかしい…という人は、まずサイズ感が合ってないのです。
ゆるめのTシャツをゆるく着こなすといった、あえてサイズ感を外したオシャレもありますが、それは上級者の為せる技。
オシャレ初心者さんは、まずはこの「サイズ感が合ってるかどうか」を第一に服を選ぶようにします。

サイズが合ってるかどうかの目安は、肩のラインです。
縫い目がおかしな位置にありませんか?ちゃんと肩に対して平行、もしくは45度までに納まっていますか?
また、ボトムの場合は裾が緩すぎないか?ふともも周りはきつすぎないか?
フィッティングを欠かさないようにしましょう。
また、よく見かけるのが本来タックイン(ボトムの中に仕舞う)シャツを出して羽織っている人です。
裾の長さや形がタックイン仕様になっている為、ボトムから出して着ていると、だらだらと長過ぎてアンバランスな印象に。
シャツを羽織る場合、それがタックイン仕様なのかどうか?
また同様に、敢えてピタッとしたデザインのTシャツなどを緩く着ていないか?

サイズ感の合った着こなし=服本来の用途にあってるかどうか、を意識して服を選ぶようにしましょう。

無駄に凝ったヘアスタイルはNG!ショートに柔かめのWAXを!

右を見ても左を見ても、街中のオシャレメンズはツーブロック、ツーブロック……あちこちに溢れています。
確かに、さっぱりとしてこなれたオシャレ感も出て、手入れも簡単なヘアスタイルのひとつです。
ですがこのツーブロックの問題点が一つ。こまめなメンテナンスが必要という事です。
所謂「かりあげヘアー」ともとれるツーブロックは、かりあげ部分が伸びてくるとなんともだらしない印象に……。
しょっちゅう美容院に行く時間がないOR床屋しか行ったことがない、という初心者さんは、ひとまず耳と眉にかからない長さでカットをお願いするようにしましょう。
そうして柔らかめのワックスを全体に揉みこませれば…あら不思議、ずっと清潔感がアップします。
伸びてきた時、地毛の黒との境目がみっともないので、カラーは染めないでおきましょう。
黒髪男子は、意外にも女子受けが良かったりします。

凝った髪型は伸びた時の事を考えると、だらしなくなりがち=オシャレさダウンに繋がります。シンプルな髪型に、少しの整髪料。それだけで大丈夫です。
くれぐれも伸ばしっぱなしはNG!ということを頭に入れておいてください。

入れるものが無くてもバッグは必需品!その他の小物は?

男性は女性に比べて手荷物が少ないため、手ぶらでもこれといって困ることはありませんね。
だけど、バッグはただの荷物を入れるための道具ではありません。
もはやファッションの一部なのです。
バッグがあるのとないのとでは、全体の纏まり感が全然違ってきます。
一昔前まで、リュック=オタクというイメージが強い傾向にあったのですが、現在はリュックはカジュアルにもシックにも使いわけることができる、万能アイテムとなっています。
どんなバッグを持てばいいかわからない、という人はひとまず黒のリュックを背負っておけば問題ありません。
この時も、だらだらとお尻の方で背負ったりはせず、背中で背負うようにしましょう。

また、腕時計やベルト、靴なども意外に見られているものです。
高いものを身につける必要はありませんが、中学生の頃に使ってたものを未だに愛用している…なんて事は避けるようにしてください。
特に靴は、汚れていないかどうか、が最重要です!

最後に……大事なのは清潔感&バランス感

上記の事柄さえ抑えておけば、ひとまずは「ダサイ」「だらしない」という印象を持たれることは、避けられるはずです。
まとめると、まず第一に清潔感!そして第二にバランス感!という事になります。
イケメンで小汚い、より、平均前後フェイスで清潔、の方がよっぽど好印象を与えます。
オシャレはそんなに敷居が高いものでも、難しいものでもありません。ポイントさえ抑えておけば、誰でも簡単に始めることができます。

そうして段々オシャレをするのが楽しくなっていったら、どんどんレベルを上げていきましょう。ツーブロックに挑戦するもよし、あえてサイズ外しにチャレンジするもよし、リュックでなくてクラチッチバッグにチャレンジするのだってアリです。

まずは基本を抑えて、周りに好印象を与えていきましょう。
オシャレをすることで、周りの反応がガラリとかわる……こんなに楽しいことはないですよ。