ファッションに無頓着な初心者男性&センスが無くてもオシャレになれる秘訣

ファッションセンスなんて必要ない

男性の美容意識も高まりファッションに拘る方も増えていますが、そもそもファッションに興味が無くて無頓着な時期を長く過ごしている男性も多いです。

若い時期はそれでも問題無いですが、ある程度の年齢や経験を重ねていくと、場にふさわしいファッションを選択出来ないと損をする事もありますし、突然何とかしなければと慌てる方も居ます。

そんな時にファッションセンスが自分に無いからと怯んでしまい、どんな服や小物を選択すれば良いのか全く解らないという方も居ますが、ファッションを楽しんだり恥ずかしく無い程度に持っていくには、センスなんて必要はなく、誰でもポイントを押さえるだけで印象が良くなり、否定的に見られる心配も無いです。

まずはポイントを押さえて自信を付けていく過程で、色々なアレンジを加えていくと良いですし、どのようなポイントを知れば良いか掴む事が重要と言えます。

メンズファッション初心者が押さえたいポイントとは

ファッションセンスをアップさせるにはどうすれば良いか、オシャレなセンスゼロの自分には何をすれば良いか解らないという方は、そもそもセンスなんて必要無いと気楽に考えて意識を変える事が望ましいです。

男性の方が女性よりもオシャレに無頓着であり、アドバイスをくれる知人が少ない傾向にありますが、メンズファッション初心者がオシャレになるにはロジックを知る事に尽きます。

オシャレになる為の根拠を知れば良いだけであり、コミュニケーション能力を磨いたり、運動能力を身に付けたりするよりも遥かに簡単で即効性を得られる可能性が高いです。

人との接し方でも運動でもロジックはあっても、それを実行するには経験値やセンス、時間も必要ですが、ファッションの場合は初心者がロジックを知って取り入れるだけでも即効果が現れやすいものと言えます。

ファッション初心者が知った方が良いロジックとは

日本人の特徴としては食文化の変化もありスタイルが良くなってきましたが、基本的には欧米と比較して童顔で胴長短足傾向にあります。

元も子も無い言い方をすれば、顔が小さくスタイルが良くて足が長ければ、適当にTシャツやジーンズだけでもかっこよく見えますし、カジュアル一色や同一系統ジャンルによる合わせですらセンス良く見えるものです。

カジュアル一色や同一系統ジャンルだけでオシャレに見せるにはハードルが高く、一般的な日本人初心者には向いておらず、最初に意識するのはミックスさせる事になります。

ミックスはファッションの基本でもありますが、どういう事かと言うとキレイめ系のみ、カジュアル系のみでファッションを纏めると、キレイめ系だけならビジネスに行くような雰囲気になり、カジュアル系のみは子供っぽい雰囲気になりがちです。

特に日本人は全体的に童顔傾向にあり、カジュアル一辺倒だと子供っぽさが出過ぎてオシャレ感が出て来ない傾向にあります。

キレイめ7に対してカジュアル3程度のバランスを意識すると、大人っぽさの中にオシャレな雰囲気が出て来る事になり、様々なミックスを意識してファッションをチェックしていくと良いです。

初心者がファッションの色に悩む場合

ファッションを選ぶ時に色で迷う初心者が多いですが、まず慣れない間は色で悩み過ぎる事は危険であり、最初は明るいか暗いか程度で捉えると良いです。

明るい色は子供っぽく目立ち、暗い色は大人っぽく落ち着いて見えるという印象を与え、初心者が明るい色でオシャレを行うのは難しい面がありますから、まずは暗めの色によるモノトーンを使ってみると良いです。

モノトーンは黒、グレー、白があり、誰でも合わせやすい色ですが、これだけでは面白味が無く硬い印象になり、一色だけ自由に色を使う事がポイントになります。

部屋のコーディネートでも同様ですが、同じような色で攻めて、一色だけ異質な色を加えると強調されてオシャレな空間を産み出せるようになり、統一感の中に1つバランスを壊すものを差し込んであげるというのが有効です。

色味の違った小物を持つのも有効と言えます。

シルエットを意識してコーディネート

シルエットはファッションを決める上でも重要ですが、基本系を覚えておくと良いです。

トップスは上に着るもの、ボトムスは下半身に着るものですが、シルエットは3つの土台があり、トップスもボトムスも細身タイプ、トップスはゆったりボトムスは細身、トップスを細身でボトムスをゆったりという形があります。

初心者には両方細身が簡単に外さない組み合わせとされ、他のパターンは体型によって決まるかどうか違ってきます。

上半身が鍛えられたスポーツマンならトップス細身でボトムスゆったりがハマりますが、これは初心者には難しい組み合わせであり、トップスゆったりでボトムス細身も差を明確に演出出来ないとハマらないです。

上下を細身が初心者に有効と言っても、あくまで体型に合う範疇で細身を選ぶと良いですから、ミックスや色味、シルエット、これらを意識するだけでもかなり変化があります。

ロジカルにファッションを楽しんでみて、基礎を押さえた上で小物で遊びを加えたり、柄を活かしたり、体型を変えたりすると幅が広がります。